脱毛エステサロン比較ナビ

エステサロンの脱毛とクリニックの脱毛との違い

2016/2/12

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s

脇やVIOライン、手足、お腹や背中などのむだ毛を脱毛して貰えるのがエステサロンとクリニックです。
どちらを選ぼうか迷っている方は多いでしょうが、一番大きな違いが光を照射しているかレーザーを照射しているかです。

エステサロンの光脱毛

光を照射しているのがエステサロンで、この光には黒い色に反応する特色があります。
成長期にあるむだ毛の毛根には黒い色のメラニンがあり、この部分に光を吸収させて熱によってダメージを与えています。

クリニックのレーザー脱毛

レーザーを照射しているのがクリニックで光のように黒い色に反応する特色があります。
光もレーザーも同じように聞こえるでしょうが出力に大きな違いがあります。
光よりもレーザーのほうが出力が高く、永久減耗ができると言うのが大きいです。
何度か光の照射を受ければ目立たなくなるまで脱毛することは期待できるものの、出力がレーザーより低いために永久減耗はできないです。 この出力の高いレーザーは医療行為ができる医療機関でないと照射ができないので、エステサロンではレーザーの照射は受けられないです。

エステサロンとクリニックの料金

レーザーのほうが何かとメリットが大きいように見えますが、料金が高額になると言うデメリットがあります。
クリニックのレーザー脱毛で全身脱毛5回コースを受けるとVIO含む料金で30万円以上かかることが多いです。
エステサロンの光脱毛で全身脱毛6回コースを受けると月額制の場合で総額10万円から15万円くらいと安くなっています。
レーザー脱毛で料金が大きくかかってもその後の自己処理に必要なカミソリ代や除毛クリーム代が殆ど無くなることを考えれば、見えるだけの料金よりさらに安くなります。

光とレーザーの痛みは

光もレーザーも照射を受けるときに気になるのが痛みです。
光よりもレーザーのほうが痛みが強いですが、冷却装置が付いているレーザー脱毛マシンが多いので痛みは和らいでいます。
それでも痛いと言う方は麻酔クリームまたは笑気麻酔を希望できるクリニックが多いです。
エステサロンは医療機関ではありませんので麻酔を使用することはできないです。
しかしレーザーよりも光のほうが痛みは少ないです。

肌トラブル時の対応は

その他にも気になるのが肌トラブルです。
エステサロンは医療行為ができませんので店内で治療が受けられないです。
そのため医療機関と提携しているエステサロンが見られます。
クリニックでは医師や看護師からすぐに薬の処方が受けられます。
肌トラブルの対応が遅れると傷跡が残りかねないです。
レーザーよりも光のほうが肌トラブルが起きる可能性は少ないもののゼロではありませんので、クリニックのほうが安心感はあります。

エステサロンもクリニックも両方良い点と悪い点がありますので良く考えてから選んでみて下さい。

Pocket